シンデレラと王子様と、ガラスの靴 1900年出版の本。ある少女の提案から誕生した本 ”勇気”について

(コンフォートクック収蔵本より)

 

1900年にニューヨークで出版された、「シンデレラ、または小さなガラスの靴」(BARSE & HOPKINS)真っ先に注目の 王子とシンデレラの「髪型」

シンデレラと王子様と、ガラスの靴 1900年出版の本。

ひとりの少女の提案から誕生した本 ”勇気”について

「アフロヘアー」の王子様とシンデレラを描いた表紙にて、1900年に出版すること、勇気あるビジネス決断があったと思われます。ずっとずっとあとの60年後、公民権法にむけてケネディが動きはじめます。

それよりうんと前の時代のこと。

 

挿絵のクローズアップ(古い本のため、一部、はがれております)

1900年発行「シンデレラ」 アフロヘアーの王子とシンデレラ

この本を知る前と、知った後、

 

 

「Before/Afterの世界」

 

 

ありませんか。

 

 

「ありのまま」の王子様とシンデレラ。

典型的なシンデレラ物語のイメージ「ヨーロッパのどこかのお国の王子様とシンデレラ」が一変します。

 

”私のまま”でいいんだ!と、一瞬で目覚めます。

 

「アフロエア」のプリンス・プリンセスを登場させたこと

 

わけへだてなく、より多くの小さな子供たちに「わたしたちの物語」と思ってもらう出版人の工夫。

このニューヨークの出版社 BARSE & HOPKINSは、本の奥付にて、こんな趣旨の文を寄せています。

人生は、小さな事で出来上がっているようだ。たしかに ふり返ると、ささいなことにこそ、えてしてすごく面白く価値をみつけたりする。ある一人の少女の提案により、この人生に訪れる「偶然の砂金」をすくい取れたらと、この本は誕生しました。

 

by BARSE & HOPKINS

1900年出版「シンデレラ」 アフロヘアーのシンデレラとカボチャの馬車

この本の魔法使いも「魔法」とは区別し、「ガラスの靴」をシンデレラに渡します。

 

”Last of all the fairy gave her a pair of slippers made of glass, the smallest and prettiest ever seen.”

 

”最後に魔法使いは、この世で一番美しく、小さい、ガラスから作られた1足の靴をシンデレラに与えました。

シンデレラに魔法がかかった様子のページ

コメントをしていただけたら