ガラスの靴は、どうして「スリッパー」? 「シュー」ではいけない大切な理由

P.S.  未来に「ガラスの靴」を手がけるとは当時、知るよしもなく・・ 

 

はじめて「Slipper」と「Shoe」との違いをしっかり意識したのは、「ガラスの靴」制作サービスを正式に発表した2003年よりもほんの少し前のこと。

 

世界に1つの「パンプス」をつくる会社のアドバイザーをしていたとき。かつての同僚であり友人のSが立ち上げたファッション革命を狙ったスタートアップ。Sが「Slipper」は「舞踏会の靴」と、教えてくれていたのでした。


言葉「スリッパー」は室内履きのペラペラの、しかも消耗品というイメージなのに?

ガラスの靴 Glass slipper のスリッパーとは、室内履きの柔らかいスリッパー?

多くの方が、どうして「ガラスの靴」は、

原題では「ガラス・スリッパー」なの? と、疑問に思われます。

ガラスの靴Dearestを成形したところの写真
本「シンデレラ、または小さなガラスの靴」(出版年1845)の内表紙

(上写真は、収蔵本の1つ、1845年の本。表紙を開いて、最初にでてくるページの様子)

答)ガラスの靴 Glass Slipperの「スリッパー」は、舞踏用の靴。「美しく滑って踊る」ための靴なのです。

ガラスの靴 Glass Slipper のスリッパーは、舞踏会用の靴。つまり床の上を滑ること

シャルル・ペローの名付けた原題(フランス語)は「Cendrillon, ou La petite Pantoufle de Verre」

 

仏「Pantoufle」→英「Slipper」

 

英語 「Cinderella, or the little glass slipper」

日本語 「シンデレラ、または小さなガラスの靴」

 

・・ シンデレラのスリッパー「SLIPPER」とは? 

 

「舞踏会用の靴」のこと。

 

晩餐会、夜会用の靴を、「Evening Slipper」と呼びます。

 

外履き用の「Shoe」とは区別します。(私たちが使う室内履きのスリッパーは「Carpet Slipper」)

日本人初のノーベル文学賞受賞、川端康成は、どう翻訳?

川端康成 シンデレラ姫昭和28年発行(収蔵本より)

川端康成 シンデレラ 本の表紙
川端康成の翻訳は「ガラスの上靴」

はじめて登場するときは、「ガラスの上靴(うわぐつ)」と訳して、読者に、外履きの靴とは区別してもらえるように翻訳し、2回め以降は、わかりやすく「ガラスのくつ」に。

 

原作者ペローは、王宮に行き、舞踏会で踊ることから、「Slipper」を使いました。日本語では「舞踏用の靴」を示す用語がないため、「ガラスの靴」と訳したようです。

 

川端康成は、繊細に「あいまい」をうまく表現する彼は、ふさわしい日本語がないとはいえ「ガラスの靴」を大事に考えたのだと思います。逆に「あいまい」にしないで、外履きの靴とはきちんと区別しておこうと思案されたのでしょう、「Glass Slipper」を「ガラスの上靴」と訳されました。

では、舞踏会で踊るための靴のことを、

どうして「スリッパー」と呼ぶのでしょう?

Q) 「シュー」ではいけないの?

A)「Shoe」を履いて舞踏会に行かない理由には、大きく2つの事情があります。

 

1つめは、「Shoe」とは外履きの靴のこと、「Shoe」では靴底の「砂粒」が舞踏会の「床」を痛めてしまうのです。

 

2つめは、最も大事なこと、「Shoe」では「踊れない」のです。 

舞踏用のスリッパーを履いて、クルリ、クルリ、クルリ、
ガラスの靴Dearestの表面をつるつるの美しい表面にする工程の写真

語源は「slipor」。1000年位前に遡るようです。もちろん意味は「滑ること」。その「場所」からスリップして「移動できる」ことから来ているようです。

 

舞踏会で踊る靴「Slipper」。その最も大切な性質として、ちゃんと「滑ること」があげられます。踊るには「靴が床の上を滑る」ことが大事なのです。

ベルサイユ宮殿 鏡の回廊 寄せ木細工の床の微妙な凹凸

シャルルペローが行事のために幾度も過ごしたであろう、舞踏会が開かれたベルサイユ宮殿の「鏡の回廊」は、贅を尽くし「寄せ木細工」により床が作られています。

 

この「寄せ木細工の床」を傷つけないために、そして、寄せ木細工のゆえに、わずかに凹凸のある床面でもスムーズに、男性のリードにあわせて”クルリ、クルリ、クルリ”と、まるでスケートリンクの氷上をなめらかに滑るかのように踊るために、 

 

床の上を美しく”滑る”ための舞踏会用の靴「Slipper」が必要なのです。(滑らない靴 「Shoe」では床を傷つけるだけでなく、脚がもつれ転んでしまいます)

ガラスの靴Dearestの靴底をつるつるの美しい光沢の底にする工程の写真
ルイ14世の肖像画(1701)にみられる、靴

ちなみに、シャルルペローが「シンデレラ、または小さなガラスの靴」を出版(1697)した頃の、ペローが仕えた王様、ルイ14世はこんな靴を履いていました(1701)

ルイ14世の肖像画(1701)にみられる、靴 舞台用

若い頃・・ ベルサイユ宮殿で行われた演劇で「太陽」に扮する、ルイ14世。踊る時には、こんなに飾りのついた靴を履いていたのでした。

ルイ14世の「舞踏用の靴」と言われるもののスケッチ

現在でも、舞踏会デビューをしますと、その「Slipper」を一生大事に使っていくそうです。舞踏会用の靴は、「特別にあつらえるもの」であり、高価であり、舞踏会デビューに備える家族の想い出の靴なのです。こうして準備する「Slipper」への想いは、今の時代の舞踏会デビューにも受け継がれ、一生大事に使います。

 

「Slipper」には、一生大切にする靴という、家族のあたたかい想いもあったのです。

 

いかがでしょう・・ シンデレラの「ガラスの靴」にぴったりの言葉が「Glass Slipper」なのです。


ガラスの靴Dearestが光沢をおびてつるつるの仕上がりになった最終工程の写真