公開プロポーズによる プレッシャーについて 興味深いアメリカの統計

ラブコメ映画でよく見られる、公開プロポーズ。レストランのシーンが典型的です。


ひざまずいてプロポーズをし、「Yes」の返事を待つシーン。そのアメリカ人のプロポーズ統計調査が行われました。


ショッキングなのは、後日に「No」に”変更”となる率が「6%」と多いこと。  注目すべきは、プロポーズのその場で「No」、あるいは「今はちょっと待って」と返事をしたアメリカの女性の29%が、とても言いづらく、気まずく、「罪悪感」をもったそうです。

自分の意見をちゃんと言うことに慣れているアメリカの女性でさえもです。公開プロポーズは、お相手にプレッシャーをかけてしまう心配があるもの。しっかりプライバシーを考えてみてくださいね。


お二人の思い出の場所も、イチオシです。過去の想い出とつながることで、目の前の光景から切り離して「プライベート」な感覚をつくることができます。

近頃のおすすめは、自宅でのプロポーズ。すこし前なら、プロのビデオ撮影をアレンジできるレストランや、ホテルが人気でしたが、いまビデオ撮影は、簡単にできてしまいます。編集も。もちろんプロにはかないませんが、二人の最高の想い出には十分。その空気感こそ、将来、見てみたいシーンになるかも。


自宅でプロポーズ


お相手の性格・好みをしっかり考えてプランニングすることが、とても大切になります。


プライバシーを見過ごさないでください。