ガラスの靴のすすめ


いったい、どうして、ガラスの靴


いったい、どうして、ガラスの靴?

告白しますと、なんども、なんども、数年ごとに、「もう作れない」「今年のクリスマスでやめよう」「あと2ヶ月でやめよう」と、たまらなくなる時、ありました。でも、そのたびに、不思議に、なぜか、熱烈なお客様が登場するんです。ガラスの靴を続けなきゃいけないと、思わせてしまう、不思議なお客様が。

制作者 伊藤広道

ガラスの靴のすすめ

見つけて、飾って、磨いて、

あなたの心にある、ガラスの靴、磨いてみませんか?

見つけて、

大切にしたい未来に、カタチを

どんな未来にする。


言葉にすること。 心 ととのえていくこと。

デザインにすると、文字だった時よりも、見えてくること、あります。

試行錯誤して、見つけて!

自動デザイン作製

テキスト原稿入力x 選んだ書体

=リアルタイム自動デザイン


なんども、なんども、


デザインをしなすうちに、


しだいに、 この言葉! この書体!


と、わかる時、来ます。

見つかります

飾って、

デコレーションすること。楽しいです。

飾ること。楽しいです。

眺めること。ワクワクします。

磨いて、

古くからの言い伝え

”ガラスの靴を磨くと、幸せが近づいてくる”

2008年ごろのこと、これから結婚式を迎えられる、一人の女性のお客様から、ガラスの靴にまつわる、古い言い伝えを、教えて頂きました。


幼い時、おばあさまから聞かされていた、古い言い伝え。


”ガラスの靴を磨くと、幸せが近づいてくる” 


その後、ふしぎに同じ言い伝えを、いくども、結婚式を迎えられる女性のお客様より、伺いました。


いつの間にか、私たちの秘めた課題となりました。2016年、はじめて、東レに相談しました。最高品質のメガネ拭き素材「トレシー」です。「トレシー」をつかえば、素適な「ガラスの靴を磨く布」ができるかも。2019年の冬、とうとう、パッと閃きました。珍しい厚手のトレシーをつかい、布のドレープを美しくみせるデザインです。


東レにとっても、はじめての両面デザイン制作に。(実は、たいへん細かな、仕様の希望も、東レに叶えて頂きました。ありがとうございました。)

磨くこと。楽しいです。

朝、それとも 夜。 

磨くこと、楽しいです。

あなたの心にある、ガラスの靴、磨いてみませんか?

あなたのそばにいて、きっと、励ましてくれます。

ガラスの靴は、今日が特別な1日と、知らせてくれます。

「Dearest」は繊細に語りかけます。

飾られたいつもの場所から、 

 「Dearest」は繊細に語りかけます。 

 春の日差しにうっとりと光をみせ、

夏の陽にはさんさんと照り、 

 秋には透明感を増し、 

 クリスマスには特別な輝きを、 

 冬には秘めた永遠の宙をみせ、 

 そして春は隣と知らせます。

ガラスの靴「Dearest」は美しい声で語りかけます。

静かにテーブルに置くと、 

 「Dearest」は美しい声で語りかけます。 

しゃべるのがにがてと思う方のわずかな言葉も、

この日はうっとりと雄弁に聞こえ、 

ご家族に囲まれれば、そこは太陽になり、 

誕生日のプレゼントは、未来の夢を語る友人になり、 

ウェディングならすっかり聴く音は、

あこがれの夢を祝う祝祭のための音楽となり、 

30年の記念日には

誓いあった夢を途中まで歩んでこられた感謝の旋律を奏で、 

静かな時を愛する方には、

しっとりと夢の時計の針をすすめます。 

 美しい音が聞こえてきますように。

ガラスの靴は、地上の一人ひとりの夢

ペローの創作「ガラスの靴」から始まった、

ひとり、ひとりにある、シンデレラのガラスの靴。

Cincerella or the little glass slipper 


1697年


シャルル・ペローは「ガラスの靴」という、世界中の人々が夢見る「美しい夢」を創作しました。


すると、地球のあちこちに、もっともっと、古くから伝わる、300話とも500話とも言われる類型の伝承があることに、みんな、気づきます。


もしかしたら、住んでる近くでも? うれしくなります。


ペローが発表し、150年がたった19世紀には、ペローの物語は、「世界のベストセラー」となり、人々を魅了しておりました。 


 この現象には、世界中の研究者たちものりだし、地球のあちこちに伝わるシンデレラの「類型」となる伝承を採集し、論文を書くほどです(日本では南方熊楠も!)。

1845年発行の本 Cinderella or the little glass slipper(収蔵本より)

もしも・・  


シャルル・ペローが「シンデレラ それは小さなガラスの靴」にまとめなければ、世界に散らばる1つ1つの伝承は、採集されないまま、この地上からとうに忘れられたでしょう。


ペローの創作により、「ガラスの靴」は、320年たった今夜も、地球上の誰もが等しく夢見る、「自分ごと」の物語として、輝く、特別な存在となりました。


2002年、あるご縁から、ガラスの靴を作ることになり、2003年に正式なサービスをつくりました。告白しますと、なんども、なんども、「もう作れない」と、たまらなくなる時、ありました。でも、そのたびに、不思議に、なぜか熱烈なお客様が登場するんです。ガラスの靴を続けなきゃいけないと、思わせてしまう、不思議なお客様が現れてくれるんです。

ガラスの靴は、勇気をもち、あきらめることなく、

困ったことをクリアしていく、「シンデレラになる時」を知らせるシンボル。

この世界地図は、このウェブサイト(旧サイト)へのアクセスログ。2015年春、ディズニー映画「シンデレラ」が公開されていた時期のもの。世界中の人々が、このウェブサイトへ、いらっしゃいました。(写真が綺麗だったからだと思います。)


人々は、幼い時、シンデレラ物語に出会います。シンデレラを知らない人に、これまで会ったことがない。


世界中で、幼い日に「シンデレラ」を知って以来、心に入った「ガラスの靴」は、絶対どうやっても、ひとり、ひとりに、忘れられないものに。


このアクセスログの世界地図が示すのは、世界中の、一人ひとりの、心のなかに、「ガラスの靴」は存在していること。ずっと、探していらっしゃること。


シンデレラは、イデオロギーじゃなくて、ひとりひとり、自分ごとの物語になっているのです。

あなたの心にある、ガラスの靴、磨いてみませんか?

あなたのそばにいて、きっと、励ましてくれます。
ガラスの靴Dearest 磨き布と、ミュージアムケースに飾るシーン